イトオテルミー温熱刺激療法について

イトオテルミー温熱刺激療法とは

イトオテルミー療法は伊藤金逸医学博士が1929年(昭和4年)に発明した約90年の歴史を持つ民間療法になります。 数種類の植物からつくられているテルミー線を、冷温器という器具を使い、身体の中に熱と生薬成分を与えていきます。

身体にぬくもりと刺激を与えることで、血液やリンパ液の流れを促進させ、全身の疲労回復・筋肉のこりと痛みの緩解・胃腸の働きを活性化させる効果があります。
自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。
(自然治癒力促進療法・東洋医学的物理療法)

家庭でもできる療法で、もともと心身症などの精神的な治療から【心身一体】で体を気持ちよく温める90年の歴史がありとても奥が深い温熱療法です。


 

優しくて穏やかなぬくもり

テルミー線を冷温器(医療機器)に装着して、体表に様々な温熱刺激を与えていきます。
栄養熱が体の隅々(毛細血管)まで行き渡り温まった血液で固くなった筋肉がほぐれ組織を柔らかくしていきます。
快適な刺激とぬくもりで身体がぽかぽか暖まります。

至福のひとときです。

自然治癒力を高める

自律神経・内分泌系・ 免疫系に活力を与え心と身体を癒してくれます。

煙と香りの作用

テルミーの煙は止血、鎮痛・鎮静・殺菌、消炎、収れん作用があり、香りは芳香療法として効果が高く、心身をリラックスしてくれる独特の香りです。

健康維持

病気を未然に防ぐために、日々、全身テルミーをかけながら継続していくことによって健康維持増進に効果が得られます。

病態の改善

身体の様々な症状に対して適用されます。

血行を良くすることで病気やウィルスと闘う細胞や、
傷ついた体を治す細胞は高体温により活性化することから病気の回復が早まったり副作用の軽減、病気に対して抵抗力が強くなります。

年齢問わず、家庭でも出来ます

赤ちゃんからお年寄りまで家庭で掛け合いができ、自分自身でもかけられ、施術も安心して受けられます。
(家庭でのテルミー詳細はお問い合わせください)

副作用なし

副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。

※但しテルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。

家庭でテルミーを使用されたい方

テルミーは家庭でも行うことが出来ます
ご家庭でテルミーをするには、まずイトオテルミー親友会の会員になり、器具の説明と使い方の講習を受けて頂きます。
入会時には入会初期費用として
親友会入会金(2,000円)年会費(3,000円)と基本取扱指導料(6,000円)、
テルミー製品1セット費用(34,890円)※写真の商品がセットに含まれます。
計45,890円が必要となります。
家庭内で全身テルミーができるようになるまでの取扱説明書「会員の手引き」が含まれます。

☀☀使用できるようなるまでご指導します。
ご興味のある方は是非『ぷねうま療術所』に
ご相談・お問い合わせください☀☀
※ぷねうま療術所独自の特典もございます

タイトルとURLをコピーしました